お問合せはこちら 茶久染色株式会社

TEL:0586-45-2345 お問合せフォーム

会社案内

茶久染色の歴史

毛織物の産地、一宮

愛知県一宮市は木曽川のめぐみをうけた濃尾平野に位置します。
江戸時代(元禄)では絹織物の産地でもあったが、その後綿花産地、綿織物の産地となっていきます。しかし、明治24年の濃尾地震で濃尾平野の地層が大きく変わり、綿作が不作になったことをきっかけに綿織物に代わるものとして羊毛(毛織物)の産地へと変わっていきました。

茶久染色の名前の由来

茶久染色の名前の由来は茶色の「茶」から来ています。天然藍による紺染めが主流の頃は染め屋と言えば紺屋と云われてきました。しかし、明治に入って合成染料が輸入され、当時流行の茶色を多く染めるようになると染め屋も茶染め屋と云われることも多くなってきました。すると、茶染めの「茶」をとって屋号とする染め屋が増えてきたのです。そこで、茶久は茶色の「茶」と創業者の久吉の「久」をとって茶久という屋号になりました。

大正5年~昭和20年代

現在の一宮市大宮2丁目2番地の9、宮田用水の幹線である大江川から分水していた一宮井筋沿いに初代、今枝久吉が染色屋を創業しました。
当時は綛染めで染め上がりの糸をこの川で水洗いして、竹竿にさして天日干しをしていました。
戦時中は軍の国防色を染めていたりもしました。戦争で工場の一部は焼けましたが、バラックを建てて仕事は続けていました。その頃は近所から配給で配られた毛布を染めて欲しいと頼まれ、それを染めたりもしていたようです。

昭和30年代~

2代目、銑二が後を継ぎ昭和31年に法人化し株式会社茶久を設立しました。
昭和33年には現在の愛知県一宮市開明(旧尾西市)に場所を移し、チーズ染色の機械も購入し、綛染めとチーズ染めの体制を整えました。
昭和35年には茶久染色株式会社に社名変更しています。

昭和40年代~

昭和47年に3代目、茂雄が代表取締役に就任。新社屋建設と機械増設に伴う新工場建設を進めてきました。その間、毛織物用のウールの染色から、靴下向け、インテリア向けと用途を拡大していき、昭和50年に自動車用シートに使われる糸の染色も扱う事になります。

平成元年~

平成2年、ウールのわた染めを行っていた栄光染色株式会社をM&Aで買収しました。また、平成15年にはタイのバンコク郊外にタイ東レ株式会社と丸佐株式会社との合弁会社CMT DYEING Co.,Ltd.を設立しました。

平成17年に4代目、憲彦が代表取締役に就任。翌年ISO9001を認証取得しました。平成22年に影山染色株式会社をM&Aで買収、栄光染色の白専用工場として稼働しています。

平成19年、通常の染色以外の技術開発にも力を入れ、カーボンナノチューブのコーティング繊維を開発しました。この技術で平成22年国際ナノ・テクノロージー展、ナノテク大賞の応用部門を受賞。平成24年には第4回ものづくり日本大賞、経済産業大臣賞を受賞しました。

平成26年に「愛知ブランド企業」として認定していただきました。

100年で築き上げた技術を元に、新しい事にも挑戦し続け、
これからの100年も「彩り」と「快適さ」をお届けしてまいります。

お問合せはこちら 茶久染色株式会社 AM9:00~PM5:00 Tel:0586-45-2345 Fax:0586-45-2326

  • ISO9001取得
  • 第4回ものづくり日本大賞 経済産業大臣賞受賞!
  • nano tech 2010 nano tech大賞 応用部門賞受賞!
  • 平成25年度 愛知ブランド企業認定
  • メディア掲載記事